• ウォーターサーバー比較ランキング

常温水が飲めるウォーターサーバーはコレ!常温水に期待できる効果って?

ウォーターサーバーを導入すれば、いつでも冷水・温水が出せるようになりますが、季節に関係なく安定的に飲める温度として高い人気があるのが常温水です。

 

水は飲む温度によって得られる効果に様々な違いが出ますが、常温水を飲むことで水分補給はもちろん内蔵に対して優しいなど様々なメリットがあります。

 

常温水を飲むメリットや常温水が飲めるウォーターサーバー情報などについて、詳しくみていきましょう。

 

 

常温水が良い理由・期待できる効果って?

青空と水

 

まずは常温水を飲むことによって得られるメリットなどについて、詳しく解説していきます。

 

 

健康促進効果

常温水は冷水などと比較した場合、摂取した時に胃や腸などの内蔵に負担がかかりにくくなっています

摂取した際に内蔵への負担が小さければ、それだけ新陳代謝が活発になりますし、新陳代謝が活発になれば体に溜まった毒素が排出されやすくなったり、老化の抑制効果も期待できます。

体に負担をかけずに、人体にとって重要な水分の摂取ができるので、常温水は健康を維持・促進したい場合に最適な水だと考えられるのです。

 

 

体温を上げるのに役立つ

冷水には体温を下げる効果があるため、夏場などで熱くなった体を冷ますのに効果的だと考えられています。一方で常温水を摂取した場合、緩やかに体温を上げる効果が得られるため、体の冷えに悩んでいる場合に常温水を定期的に摂取することで症状の改善効果が期待できます。

特に女性の場合、冷え性が原因と考えられる、肩や首や腰の痛みなどに苦しんでいる人は少なからずいます。

冷え性が原因となっている場合、常温水を飲めば代謝が良くなりますし、体温が上がって血行も良くなるため、痛みが治まったり緩和したりといった効果が期待できます。

 

 

日常的な水分補給に便利

朝目覚めたときや夜寝る前にコップ一杯の水を摂取すると健康的だと考えられていますが、こうした日常的なシーンの際に摂取する水として常温水は最適な水だといえます。

朝目覚めたときにはまだ内蔵は活性化していないため、内臓への負担が少ない常温水は緩やかに内蔵を活性化させるのに大いに役立ちます

また夜寝る前には内臓を刺激しないほうが良いため、やはり内臓への負担が少ない常温水は体を休める前に飲むのにも適しているのです。

 

 

常温水が飲めるウォーターサーバー選びのポイント

 

常温水が飲めるウォーターサーバーというのは幾つか存在していますが、契約後に後悔しないためにも、ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントについて、解説をしていきます。

 

 

ウォーターサーバーに電源がある

常温水が飲めるウォーターサーバーの中には電源不要で利用できるものもあり、一見すると電源不要のタイプの方が電気代などもお得で良いように考えられます。

しかし電源不要のウォーターサーバーの場合、サーバー内部の自動クリーニング機能が無い等、衛生面に不安があるため、一般家庭で安心して常温水を飲むのにはあまりおすすめできないのです。

ウォーターサーバーに電源があり、サーバーの内部や水が清潔に保たれているタイプを選ぶのがおすすめです。

 

 

ボトルの交換と処分が楽

意外と見落としがちではありますが、ウォーターボトルは1ヶ月のうちに数回交換することとなるため、ボトルの交換が楽がどうかというのは、ウォーターサーバーを無理なく継続利用する上で重要なファクターとなります。

女性や子どもでもボトル交換がしやすいように設計されたウォーターサーバーを選ぶと、後悔のリスクを減らすことができるでしょう。

また使用したウォーターボトルについては、自身で潰して処分するワンウェイ方式と、業者に回収してもらうリターナブル方式という2種類の方式があります。

自身の家庭環境に合わせて、より適している方式を選ぶと良いでしょう。

 

 

常温水が飲めるおすすめウォーターサーバー

ウォーターボトルと女性

 

常温水が飲めるウォーターサーバーを取り扱っている有力な会社としておすすめなのが、フレシャス・プレミアムウォーター・サントリー天然水ウォーターサーバーの3社です。

各社の特徴などについて、詳しくみていきましょう。

 

 

フレシャス

フレシャスでは様々なタイプのウォーターサーバーの取扱いがありますが、Slatというウォーターサーバーを選ぶと常温水が飲めるようになります。

フレシャスのSlatはボトル収納型のサーバーなので、見た目がスタイリッシュですし、ウォーターボトルの交換も楽なので子どもでも無理なくボトル交換が可能となっています。

 

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターでは、cado×PREMIUM WATERウォーターサーバーに弱冷水モードが備わっているので、このモードを利用することで常温水が飲めるようになります。

このウォーターサーバーはボトルが下置きなので交換が簡単ですし、空気中の雑菌が混入しにくい独自構造に加えて、加熱クリーンシステムも搭載されているので、いつでも清潔な水が飲めます。

 

 

サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリー天然水ウォーターサーバーのウォーターサーバーには4段階の温度調節機能が備わっているので、いつでも自分好みの最適な温度で水が飲めます。

またボトルの交換についても、軽量ボトルが採用されている上に、水をセットしてレバーを回すだけで簡単にセットできる構造となっているので、ストレスフリーでの交換が可能となっています。

 

 

まとめ

 

常温水は体に優しい水として、習慣的に飲む水として適していますし、健康や美容にも効果を発揮する水として、年齢・性別に関係なくおすすめできます。

 

ウォーターサーバーの水といえば、冷水・温水がいつでも飲めるという特徴がありますが、これに加えて常温水も飲めるとなると、ウォーターサーバーの水の活用幅がさらに広がると考えられます。

日常的に飲む水としてウォーターサーバーの水を利用しようと考えている場合には、常温水が飲めるウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事