• ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーの維持費比較!維持費の内訳と維持費が安いメーカー

ウォーターサーバー会社選びにおいて、最も重要な基準の一つと考えられるのが、ウォーターサーバーの毎月の維持費です。

ウォーターサーバーを契約した場合、最低でも半年程度利用しなければならないケースが多いですし、中には契約期間が3年というケースもあるので、毎月かかる維持費はできるだけ低いほうが良いのです。

 

水代以外には具体的にどのような費用がかかるのか等について解説するとともに、各社の維持費の比較を行っていきます。

 

 

ウォーターサーバーの維持費を比較!維持費が安いメーカーは?

お金と電卓

 

ウォーターサーバー会社の中でも利用者などが多く、優良とされている、コスモウォーター・クリクラミオ・アクアクララ・アルピナウォーター・アクアセレクトの5社の維持費について、比較を行っていきます。

 

各社のウォーターサーバーを設置した場合にかかる一ヶ月あたりの維持費(水を24L注文し、東京都に配送してもらう場合を想定)については、次のようになります。

 

会社名 月額維持費
コスモウォーター 4,504円程度
クリクラミオ 4,264円程度
アクアクララ 4,372円程度
アルピナウォーター 3,886円程度
アクアセレクト 4,359円程度

※価格は税込み

 

こうして比較をしてみますと、優良5社の中ではアルピナウォーターが頭一つ抜けて安く、他の4社についてはほぼ横並びであることがわかります。

1ヶ月あたりの水の使用量が24Lという場合で、月額の維持費を重要視する場合にはアルピナウォーターを選ぶと良いでしょう。

 

また、アクアクララとアルピナウォーターには水の購入ノルマが設けられていないので、1ヶ月毎に24Lも使い切れないという少人数家庭にもおすすめです。

 

 

ウォーターサーバーの維持費って?月々の維持費の内訳

 

ウォーターサーバーを導入することで発生する維持費としては、毎月の水代に加えて、水の配送料、ウォーターサーバーのレンタル料、ウォーターサーバーの設置で増える電気代が内訳としてあげられます。

 

先にウォーターサーバー会社5社の月額維持費を表で紹介しましたが、各社の月額コストの内訳をより細かく解説すると、以下のようになります。

 

 

コスモウォーター

4,104円(水代)+400円(電気代)=4,504円

※配送料とサーバーレンタル料は無料。ウォーターサーバーは省エネ設計の「smartプラス」の使用を想定。

 

 

クリクラミオ

3,564円(水代)+700円(電気代)=4,264円

※配送料とサーバーレンタル料は無料

 

 

アクアクララ

2,592円(水代)+1,080円(あんしんサポート料)+700円(電気代)=4,372円

※配送料とサーバーレンタル料は無料。ウォーターサーバーは「アクアスリム」の使用を想定。

 

 

アルピナウォーター

2,268円(水代)+618円(サーバーレンタル料)+1,000円(電気代)=3,886円

※配送料は無料。ウォーターサーバーは「スタンダードサーバー床置き型」の使用を想定。

 

 

アクアセレクト

3,759円(水代)+600円(電気代)=4,359円

※配送料とサーバーのレンタル料は無料。「ワンウェイサーバープラン」の利用を想定。

 

 

ウォーターサーバーの維持費以外にかかる費用

鼻ペン女性

 

毎月定期的に発生する維持費以外に、会社によっては臨時で費用が発生する場合もあります

臨時費用の主なものとしては、契約事務手数料やウォーターサーバーの設置料などの初期費用ウォーターサーバーの定期点検にかかる費用などが挙げられます。

 

なお、優良ウォーターサーバー会社5社の初期費用やサーバーのメンテナンス費用などは次のようになります。

 

・コスモウォーター…全て無料

・クリクラミオ…全て無料

・アクアクララ…全て無料

・アルピナウォーター…4,536円(基本初回セットの料金。12Lボトル4本とサーバーの配送料)

・アクアセレクト…3,090円(サーバーのメンテナンス料金)

 

こうして見てみますと、優良5社では臨時で発生する費用はほとんど無く発生する場合もごく僅かの費用で済むということがわかります。

 

アルピナウォーターでは初回申込みでは税込み4,536円の費用がかかりますが、この費用には12Lのウォーターボトル4本分の費用も含まれているため、実質的には臨時でかかる初期費用は0円と捉えることができます。

 

優良5社のウォーターサーバーを選べば、突発的に高額の費用請求されることがないので、安心して利用できると考えられますね。

 

 

まとめ

 

大手優良ウォーターサーバーと契約してサーバーを導入し、毎月24Lの水を注文した場合の月額の維持費については、どの会社にも大きな差はなく、概ね3,000円台後半~4,000円台前半の維持費かかかることがわかりました。

 

今回紹介した大手優良ウォーターサーバー会社5社であれば、臨時でかかる費用も殆ど無いので、月額維持費に12を乗じたコストをそのまま年間の維持費と置き換えることができますし、急に高額請求されるリスクもないので安心して継続利用ができます。

 

ウォーターサーバーを利用するのであれば、やはり大手が安心・安全だと考えられますね。






同じカテゴリーの最新の記事