• ウォーターサーバー比較ランキング

健康に気を使いたいからこそ!天然水とRO水の成分の違いと選ぶ際のポイント


天然水の特徴


天然水は有名な水ですし、ほとんどの方が聞いたことがあるはずです。ただ、その性質や特徴など細かい定義などについては良く分からない方もいるのではないでしょうか。

天然水は自然に囲まれた特定の水源により採取された水のことをいいます。日本では富士山麓の水やアルプスの水、熊本阿蘇の水などが有名です。地中にはミネラル成分が存在しますが、そのミネラルが水に溶けてるので天然水はミネラルが豊富です。自然が長い時間をかけて不純物をろ過しているので水質がよく味も美味しいです。

ウォーターサーバーに使用される天然水は水がもつ本来の美味しさを維持しながら加熱殺菌等の処理を行って提供されます。天然水とはいえ、まったく人の手が加えられていないわけではなく、一定の不純物を取り除く作業は行われています。

採取される水源によっても味やミネラル含有量、硬度、ph値などが異なります。同じ天然水でもウォーターサーバーのメーカーによって水源が異なり、味の特徴なども異なるので成分なども比較して検討することが大事です。最近では数カ所の水源から水を選ぶことができるメーカーもあります。ただ、地域によって送料がかかるので離れた地域の水源だと高くなる場合もあります。

ちなみに水源では富士山麓が人気です。富士山は日本一の山で知名度もありますし、バナジウムを含むため健康にいいということで人気が高いです。バナジウムは血糖値を下げたり、動脈硬化の予防などにも効果があると期待されてる成分なので健康に気を使いたい方にもピッタリです。


RO水の特徴


RO水は特殊なRO膜というフィルターを使いろ過された水のことをいいます。RO膜は0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターでありこれを使いろ過することで不純物を除去してキレイな水を人工的につくりだしています。塩素やカルキ、細菌、ウィルス等有害な物質を取り除くことができますが、同時にミネラルも取り除いてしまいます。

もともとの水がどこで採水されたかは明らかにされていませんが、水道水や天然水などメーカーにより様々です。どんな水でもこの技術でろ過できるのでコストが低く安く提供されることが多いのが特徴です。メーカーによってはこのRO水にあとからミネラル成分を含ませる処理をしている場合もあります。

天然水とRO水どっちがいいかですが安全性はおんなじくらいで問題ないので、味やコストで選ぶといいです。味がいいのが良ければ天然水、コスト重視ならRO水がオススメです。






同じカテゴリーの最新の記事