• ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーを契約する方は解約の条件も確認すべし!ウォーターサーバー解約時の注意点


ウォーターサーバーの解約について


ウォーターサーバーを契約する際に水の品質やサーバーのデザイン、機能、安全性などにこだわり、いろいろと検討する方が多いですが、解約の時の条件や解約金などについては意外と見落としがちです。

ウォーターサーバーは頻繁にいろんなメーカーのものを使い回しにするようなものでもないですし、長く使うつもりなので解約のことはあまり頭にない方も多いのではないでしょうか。しかし、使ってみたらあまり使い勝手がよくないとか、思っていたのと違う場合などには解約することも考えるはずです。

ウォーターサーバーの契約は自由に解約できますが、その際に解約金が発生する場合があります。解約金が発生する条件はメーカーにより異なりますが、だいたい6ヶ月から2年の期間を設けていることが多いです。つまり契約から6ヶ月ないし2年以内に解約する場合は解約金がとられるということです。規定の契約期間を過ぎた場合は解約金は発生しません。

解約金の金額についてはそれほど大きくなく、多くのメーカーが5000円から1万円くらいが多いです。ただ、なかにはもっと高額な解約金をとられる場合もありますので注意が必要です。


ウォーターサーバーの返却


多くのウォーターサーバーはサーバーをレンタルしてしますので、契約を終了したら返還が必要です。この返還の際の手数料は無料としているメーカーが多いですが、なかには有料というメーカーもあります。業者が回収しに来てくれるところであれば楽ですが、自分で送り返さないといけない場合もあるので注意が必要です。返送費用が有料の場合は、どれだけ契約期間が長くても必要な出費になります。

解約の際にはなるべく早めに連絡するのも大事です。定期的に水が送られてくるウォーターサーバーの場合、早く連絡しないと新しい水が送られてきてしまいます。そうなると返還できずにその新しいボトルのお金がとられてしまいもったないです。連絡の方法は、ネット、メール、電話、FAXなどメーカーにより異なります。

これからウォーターサーバーを契約する方は解約の条件なども確認しておきましょう。解約金が発生する期間と金額、解約の際の連絡方法などをしっかりと把握してから契約すると安心です。とはいえ、多くのメーカーが設けている解約金が発生する期間や解約金の額など解約に関する事項はメーカーによる差がそれほど大きいものではありません。

ウォーターサーバーを比較する際は解約に関する事項は参考程度にして、水の性質やランニングコスト、サーバーの性能のなどを比較して決めるようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事