• ウォーターサーバー比較ランキング

カビや雑菌の繁殖を防ぐためにメンテナンスが重要!ウォーターサーバーの衛生面について


ウォーターサーバーの衛生面


手軽に美味しい水がたくさん飲めると好評のウォーターサーバーですが、衛生面については不安に感じる方もいるのではないでしょうか。ウォーターサーバーの場合、水道水と異なり、塩素を含んでいないので細菌や雑菌の繁殖を危惧する声は少なくありません。しかし、水自体についてはとくに問題はなく、徹底した品質管理をされているので安心して飲むことができます。ただ、サーバーを使っていく過程で問題になることがあります。

ウォーターサーバーの衛生面での安全性について重要なのがサーバーのメンテナンスです。どんなに安全でも使っていくうちに汚れなどもつき消耗していきます。この際にどういったメンテナンスをするのかが大事です。

メンテナンスの方法はメーカーにより異なり、1~2年ごとに無償または有償でキレイなものに交換してくれるところもあれば、自分でメンテナンスを行うものもあります。定期的なメンテナンスを無償でしてくれるメーカーであれば安心して使用できます。ウォーターサーバーを選ぶ際にはどういった方法でメンテナンスしてくれるのかを確認しておきましょう。

自分で行うメンテナンスでは、蛇口をキレイにしておくことが大事です。水がいくら綺麗でも蛇口が汚くて雑菌があると台無しになってしまいますのでキレイに拭いて清潔にしてしておきましょう。


ウォーターサーバーのボトルの衛生面


サーバー本体はもちろんですが、水のボトルのタイプによっても衛生面のリスクは異なります。ウォーターサーバーのボトルの方式にはリターナブル方式とワンウェイ方式があります。

リターナブル方式は再利用可能なガロンボトルを使用していて、水を使いきったらそのボトルを回収してもらい新しいガロンボトルに入った水をもらうという方式です。回収されたボトルはメーカーで徹底した品質管理のもとで洗浄されるので再利用もとくに問題ありません。ただ、このリターナブル方式は給水の際に空気がボトルに逆流しやすいのでその影響でボトル内で雑菌が繁殖しやすいという難点があります。ただ、メーカーでもこうした逆流が起きないようにフィルターをつけるなど最大限の対策をしているのであまり心配はありません。

ワンウェイ方式は給水時にボトルが潰れることで空気が逆流せずに安全な水を飲めます。使用後のボトルは使い捨てできるので空の容器を置くスペースも必要ありません。衛生面を重視するのであればワンウェイ方式のボトルを使っているウォーターサーバーを選びましょう。






同じカテゴリーの最新の記事