• ウォーターサーバー比較ランキング

水道水は安全ではない?水道水とミネラルウォーターの衛生面や健康面の違い


水道水を飲むのは危険なのか


水道水の安全性に関しては昔からいろいろな問題点も指摘されていて、ネット上でも様々な情報があります。なかには不確かな噂や極端な情報もあり、変に危険を煽るような情報もあります。福島原発事故の影響もあり、水道水を飲まずにミネラルウォーターを購入する方も増えています。

一部で不安視する声もありますが、基本的には日本の水道水は安全です。世界でも15カ国しか水道水を飲める国はないと言われていますが、なかでも日本の安全基準は高く、国が定めた厳しい基準をクリアしたものが水道水として各家庭に届いています。細菌もしっかり消毒されていて、ヒ素やフッ素、ホウ素、また亜鉛やマンガン等なども含有量が厳しい基準でチェックされています。

水道水が危険と思っている方のなかにはミネラルウォーターを飲んでいる方も多いですが、実はミネラルウォーターのほうが安全基準がゆるいのです。そのため必ずしも水道水よりミネラルウォーターのほうが安全だとはいえません。

水道水では塩素による消毒が義務付けられています。塩素消毒をすることによって細菌やアンモニアなどを除去して安全性を高めています。ただこの塩素消毒についてはそれに伴うリスクを心配する声もあります。塩素が含まれてると塩素臭くてマズイとか塩素消毒によってトリハロメタンという発がん性物質が含まれているということを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昔は、塩素の臭いがきつかったり、トリハロメタンの量が多く含まれていましたが、現在は浄水技術も昔より格段に進歩していて、塩素臭いということはほとんどなくトリハロメタンもかなり減少したので安全性についてのリスクはかなり低くなっています。塩素消毒を行ってるのでリスクが完全にゼロになったわけではないですが、体に害を及ぼす心配はありません。


水道水と放射性物質


福島原発事故による放射能汚染で水道水が危険という情報が一部で流れました。重大な原発災害で関東周辺など広い範囲で食物、人、土地など様々な被爆が起きていたので、必ずしも安全な水道水が提供されていたのかは定かではありません。しかし、現在は福島原発の事故から5年以上が経過して、検査や浄水技術も向上しているので放射能の心配はありません。

水道水は基本的に安全なので、味や臭いが特別気にならない場合には、無理してミネラルウォーターなどを飲む必要はないといえます。最近は品質がよくなって味もおいしくなっていますので、あまり神経質になりすぎないことも大事です。






同じカテゴリーの最新の記事